理容室の顔そりで髭を剃るだけはもう時代遅れ!?

こんにちは!

トレサンパアモンドの岩下です。

 

みんなさん、お顔そり、シェービングはした事あると思いますが、大体の方が髭を剃る目的でそられます。

 

もちろん、髭がツルツルになります。

ですがこんなお声も聞きます。

・剃ったあとが痛い

・イメージがダサい

・刃物を当てるから怖い

 

こんなイメージもよくお声を聞きます。

 

ただ、顔そりが悪いわけではありません。

やり方が今の世の中に、あってないのが問題です。

トレサンパアモンドでは、次世代型のシェービングを提案してます。

 

『ただ顔を剃るのではなく、ケアをするために剃る』

 

では何がどう違うのか???

 

1、髭を剃るのに、1枚刃ではなく5枚刃へ。

一番に顔そり離れした理由が痛いからなのです。

トレサンパでは1枚刃は産毛、5枚刃は髭と分けて剃るようにしています。

5枚刃は5枚で剃るので、肌には負担はかかりますが、痛さはかなり軽減されます。

ですので、痛くないシェービングを提供しています。

 

2。お客様の水分量、油分量をチェックし現状を把握

若々しくいるうえで大事なことは、水分量を高く保つこになります。

男性は、油分が高い方が多く見受けられます。

ですが、油分が高くなる原因は水分量が少ないからなのです。

体は顔に水分量が少なくなると、バリヤ機能の低下を防ぐため、油分を出し始めます。

だから夕方に油が出てべたつくという意見が多くなるのです。

だからこそ自身の現状を知るために肌チェッカーで肌の水分、油分の量を計測するのです。

 

3、ケアをしながらシェービング

肌の現状を知ってからは、肌のケアをしていく必要があります。

そのためにトレサンパアモンドでは、肌のケアとして泡の中にお客様にあった美容液を入れ泡だてます。

髭にはヒアルロン酸を塗り、そして軟化剤を塗布して肌の保護をし、プラスで水蒸気をあて水分を補給していきます。

最後にはフェイスパックをしてとことん水分補給を行うと、剃ったあと痛くなることはよほどありません。

 

まとめ

シェービングは剃るだけではなく、今の時代はケアをしながら身だしなみのためにするもの。

 

質問などあごれば気軽にご連絡ください。

 

友だち追加

 

 

トレサンパアモンドについて

◆営業時間

平日 12:00〜22:00(受付時間 21:30まで)
土日 9:00〜19:00(受付時間18:30まで)

◆ご予約・お問合せ

電話: 052-684-6600

◆ホームページ

◆メニュー・料金
◆6つのこだわり
◆スタッフ紹介

◆ヘアスタイル
◆施術の流れ

 

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL